炎に煌めくゲームレビュー

主にコンシューマーゲームの感想を取り扱うブログです。

【振り返り】2024年上半期を振り返る【ゲームその他】

スポンサーリンク

どうも、ば~んです。

本日で6月も終わりということで、あっという間に2024年も上半期が終わってしまいましたね。今回も恒例となっている、上半期の振り返り記事をやっていきたいと思います。

購入したゲーム

まず、最初に上半期に購入した作品の振り返りから。

購入したのは、下記の9本でした。

・アナザーコード リコレクション:2つの記憶/記憶の扉
・ペルソナ3 リロード
・ファイナルファンタジーⅦ リバース
・ユニコーンオーバーロード
・百英雄伝
・プリンセスピーチ Showtime!
・フォーエバーブルー ルミナス
・ペーパーマリオRPG
・真・女神転生Ⅴ Vengeance


本数としては、昨年よりは減ってるんですが、積んだのは百英雄伝とフォーエバーブルーのみ。(後者は何をもってクリアとするかという感じな気もしますが...。)

百英雄伝も今年中にはクリアできる目途は立っているので、そう考えるとかなり頑張ったなと。いやー、大作ばっかりでなかなか大変でした。

特にFF7Rとユニコーンオーバーロードが重なってた時がやばすぎて。睡眠時間削りに削って2~3時間くらいにしてたら倒れかけたので、いよいよ限界を感じました。色々やろうとすると、人生睡眠時間くらいしか削れるものがないのを、最近本当にひしひしと感じます。

最近、毎日6時間も寝れなくなってしまった...。

 


ゲームとしてはとにかく大作が多く、その箸休めに任天堂の作品を遊んでいたような感覚。満足度一番手はやはりユニコーンオーバーロード。色々な所に魅力のある作品で、遊んでいるときにすでに遊び終わりたくないというか、次の作品が見たい気持ちになってしまった作品で、今年はもう今作がトップで終わるんじゃないかと思っております。そのくらい名作。

元々注目はしていたけど、ここまでの完成度だったとは...!

 

◆関連記事◆

【レビュー】ユニコーンオーバーロード【感想】あらゆる部分が一級品の完成度!高品質なシミュレーションRPG - 炎に煌めくゲームレビュー


後は、アトラスの両看板はメガテンはまだプレイ中ですが、なかなか高い満足度を提供してくれているので、良かったです。ペルソナ3は昔積んだのリベンジができたし、クリアした感触も最高だったので、遊べてほんとによかった。ユニコーンオーバーロードもアトラス発売だし、実質アトラスの半年だったかも。


一方、任天堂系列の作品も小粒ではありましたが、悪くはなく。アナザーコードもコンパクトながらまとまっており、気に入った作品。雰囲気の良い作品は記憶に残るものですねー。ペーパーマリオRPGとプリンセスピーチ Show time!も結構よかったので、トータルだと満足度の高い期だったかもしれません。

正直厳しいブログ事情

一方のブログに関してなんですけどね...。うーん、なかなか厳しいなというのが正直なところです。

最近、ほんとに時間が取れてなくて、まともに運用ができてないんですよ。休日は一人用のゲームを進める時間すらもあまり最近取れていないし、平日は仕事に加えて勉強とかもしなくてはいけないし。ほかのやらなければいけない、という優先度の中でブログがとうしても後に回さざるを得なくて、どうしても力が入れられていません。

そんなんで更新をかなりサボり気味に運用していたせいか、アクセス数もダダ下がりの一方で、ドメインとる前と変わらない水準まで落ちてしまいました。

先月、ブログの年次更新は入れてしまったので、いますぐ更新をやめるとかは考えてはないですが、そろそろ、時間コストとリターンの少なさを本格的に考えなければいけない時期が来たのかなと。

 

書くこと自体は嫌いではないので、できればやりたいんだけど...。

 

アンバランスな下半期タイトル、9月以降がやばい!

ゲームに関して、下半期タイトルが今月のニンテンドーダイレクトなどを通してある程度見えてきましたね。今の時点で購入を考えているのは以下のあたり。

・聖剣伝説 ヴィジョンズ オブ マナ
・英雄伝説 界の軌跡 -Farewell, O Zemuria-
・ゼルダの伝説 知恵のかりもの
・(ファンタジーライフi グルグルの竜と時をぬすむ少女) ※検討中
・メタファー:リファンタジオ 
・ロマンシング サガ2 リベンジオブザセブン
・マリオ&ルイージRPG ブラザーシップ!
・ドラゴンクエストIII そして伝説へ…


タイトルでいうと7,8本なので、そこまで多くはないかもなんですけどね。発売日がアンバランスすぎてやばいんです!

軌跡~ドラクエ3まで発売感覚、なんと1カ月半しかないんですよ。1カ月半で7タイトルとか何事!?なんなら軌跡一本でも遊び終わるかわからないので、もう既に気が重い笑。

まあ、これに関してはさすがにリメイク系を後回しにおいて、新作をメインに遊ぶ、特に軌跡、リファンタジオ辺りのネタバレ避けたいタイトルを中心に遊ぼうとは思っていますけどねー。また忙しい日々が続きそうだ...。

逆に7月はゼロ本で、12月も今の所特になし。8月の聖剣伝説も最終週なので、今から2か月間くらい買うタイトル無しという、なんとまあバランスの悪いこと。贅沢な話ではありますが、もう少しばらけてくれるとゲームファンとしては遊びやすかったなー。


ちなみに期待値一番手は、若干迷いますが、「メタファー:リファンタジオ」になるのかな。そこまで期待値が大きいわけでもないんですが、アトラスのメインチームなので大外しすることはないんじゃないかと思っています。後は、ゼルダやマリルイなど任天堂作品にも期待したいところですね。

最近ハマっていること

後はゲーム外の話なので、このブログ的にはすごいどうでもいい話なんですが、最近は「ガールズバンドクライ」というアニメ作品に大ハマりしていました。こんなにアニメに惹きこまれたの久しぶりだったので、ちょっとここに書かせてください。


この作品、リアルバンドのメンバーを声優に充てて、かつ3Dで描く、っていうアニメとしてすごい挑戦的な試みを行っているんですが、制作陣の熱量をものすごく感じるクオリティで単にアニメとしても面白いし、コンテンツとしても追いたくなる魅力が満載でした。

 

後、曲がほんとにいい!万人受けはしないかもですが、かっこいい曲調とキレのあるボーカルがすごいマッチしてて、聞きごたえ抜群なんですよね。

最近、ガールズバンド物の作品、増えてきてますが、実際に楽器を弾けるメンバーをキャストに置くっていうのは、コンテンツの広がり的にすごい強いですね。実際のライブ演奏とかも見に行きたくなる魅力があるので。

アニメも結構盛り上がっていた印象なので、そのうち他媒体の展開とかも期待したいななんて思っている次第でした。

まとめ

以上、上半期まとめでした。色々やろうとしていることがあったので、毎日忙しく過ごしていましたが、なんだかんだ充実した日々だったのではないかと。

一方ブログに関しては、あまりうまくはいきませんでしたが、とりあえずは現状維持でやれるところまではやってみようかと思います。とりあえず、今後2か月間何を書くかという大問題があるんですが...。

引き続き、「炎に煌めくゲームレビュー」をよろしくお願いいたします。